二宮ゼミ14台卒業

 

こんにちは!15台の伊藤ですニコき

 

心地よい陽気の続く季節となりましたね花

 

 

 

さて、少し前のお話になりますが

 

319日に平成29年度福岡大学卒業式卒業

 

挙行され、私たち二宮ゼミの14台の先輩方もご卒業されました卒業

 

 

そして式の後は、昼の部太陽と夜の部月とわけて

 

卒業生のお祝いをさせていただきました!ラヴネコ

 

 

まず昼の部の様子をお見せいたします電球

 

(お昼は14台、15台のみですDocomo123

 

 

★ ----------

 

 

いつもの教室が可愛く変身しています(●^o^●)

 

 

★ ----------

 

 

先輩方の袴姿、華やかでお綺麗でした!kyuDocomo80

 

 

★ ----------

 

 

 

14台の全員の写真ですき

 

 

★ ----------

 

 

goproを使って

 

14、15台の集合写真も撮影しました\(^O^)/star

 

 

★ ----------

 

 

そして夜の部は全学年集まり、

 

ヒルトン福岡シーホークで謝恩会を行いました!ワイン

 

 

その様子も写真と共にお伝えしていきます(*'▽')ハート

 

★ ----------

 

 

 

 

 

お食事がすごく豪華で、どれも絶品でした!!!ハート

 

特に苺のデザートは大人気でした苺時々ウインクペコちゃん

 

★ ----------

 

 

 

 

 

余興で行った漫才やラップの様子ですヤッタv

 

この会を盛り上げてくれました(●^o^●)star

 

またビンゴでは豪華な賞品が多く用意されており

 

とっても盛り上がりましたkirakira2


★ ----------

 

 

先輩方ひとりひとりのお言葉が心に響きました桜涙

 

 

 

★ ----------

 

 

 

 

思い出の写真たちとメッセージの

 

スライドショーも上映しました(●^o^●)

 

 


★ ----------

 

 

 

14台の先輩方がご卒業されてとても寂しいですが

 

心から尊敬できる先輩方と共に活動できたことを

 

嬉しく思います。今もこれからも

 

私達の憧れの先輩であることに変わりはありません。

 

 

私達も先輩方から教わったことを胸に

 

今後も全力で活動に取り組んでいきます!

 

今後とも二宮ゼミをよろしくお願い致します花

 

 

 

 

| ninomiya-mari | *14台 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【第3回】めんべいパッケージデザイン講座

みなさまこんにちは。

 

福大ニノゼミ16台の異端児、齊藤です。

 

 

今回は、イラレ初心者の大学生の私たちが

 

たった3時間でイラレを(まぁまぁ)使いこなせるようになった話をします。

 

 

まずこれまでの経緯はこちら。

 

【第1回】めんべいパッケージデザイン講座

 

http://ninomiya-mari.jugem.jp/?eid=173

【第2回】めんべいパッケージデザイン講座

http://ninomiya-mari.jugem.jp/?eid=174

 

 

 

これまでの2回の講座で

 

めんべいのパッケージデザイン案をある程度絞った私たち。

 

 

大人の事情でまだ実際のデザインは公開できませんが

 

私は福岡大学とめんべいをモチーフにしたキャラクターを作りました。

 

 

と、ペンで書いてキャラクターを作ったまでは良かったんですが、

 

ここからどうやってデジタル化するの????

 

という問題に。

 

 

 

そうだ!!

 

福大にはあの

 

AdobeのIllustrator®

が搭載されたデスクのMacPCがあるじゃないか!!!!

 

 

 

ということでみんなでとりあえず

 

イラレに触れてみることに。

 

 

…………

 

 

知識が0の状態で

 

イラレに触れてみた感想としては


何もわからない。

 

なぜ操作がこんなに複雑なのだろう。

 

 

 

そこでめんべいパッケージデザインで

 

毎回お世話になっているデザインのプロフェッショナル


トライプスデザインの計盛政利さん

(「九州スコップ」というデザインされた日用品

を販売するネットショップやリトルスコップとい

うおしゃれな実店舗も運営されています。

http://9-sco.com/

今回も丁寧にご指導いただきました。

 

ローカルアンドデザインの福田忠昭さん、スタッフの橋本さん、平田さんにも学生にひとりずつにサポートいただきました!!矢印上

(ローカルアンドデザインHPはこちら

ご存知の方も多いとは思いますが

 

アドビのイラレは

 

プロのデザイナーの方も多く利用している

 

プロ仕様のデザインソフトです。

 

 

そのためかなり細やかな操作が必要です。

 

 

たとえば水平な線を描くだけでも

 

いくつもの操作が必要となってきます。

 

 

しかしその手間をかけることによって

 

正確な線を描くことができるため

 

使い慣れさえすれば

 

どんなデザインも自由に創り出すことができます。

 

 

 

そんなイラレを

 

まず1時間ほど

 

実演を交えながら

 

計盛さんに教えていただきました。

 

 

やはりプロの計盛さんが

 

イラレで様々なものを描く姿は

 

とてもスムーズで

 

カッコいいプロの姿でした。

 

 

とはいえ

 

イラレ初心者の大学生の私たちには

 

いささか情報量が多すぎて

 

頭がパンクしそうにもなりましたが、

 

 

「選択」

 

「色づけ」

 

「文字入れ」

 

 

の3つの

 

基本的な使い方を押さえて、

 

2時間みっちり手探りながらも

 

自分たちのデザインをデジタル化しようと

 

必死に作業を進めていたら

 

 

あら不思議

 

気づいた頃には

 

二宮先生に

 

 

「みんな、この3時間でなんとかイラレ使えるようになってるじゃない!!」

 

 

とおっしゃっていただき

 

たしかに

 

なんとなくイラレを

 

使えるようになっている自分に気づきました。

 

イラレを使いこなせるようになった

 

一番の理由としては

 

計盛さんやスタッフの皆さまの

 

サポートのおかげです。

 

 

しかし2つめの

 

大きな理由は

 

自分たちで

 

デザインをデジタル化しようと

 

手探りながらも

 

アドビに触れたことだと思います。

 

 

ですので今回

 

このめんべいパッケージデザイン作りに

 

携わったことで

 

多少ではありますが

 

イラレを使えるようになって

 

とても良かったなと感じています。

 

 

またこれからデザイン案を

 

完成させるに当たって

 

もっとアドビのイラレと

 

触れ合ってみようと思うので、

 

イラレ使ったことなくて

 

わかんないし難しい!!

 

と思っている方は、

 

わからなくてもいいので

 

とりあえず何かデザインを1つ

 

実際にイラレで描いてみると

 

いいと思います!

 

使い方もネットで検索すれば

 

ある程度は理解することが出来ると思います。

 

 

イラレに限らず

 

何事も

 

Let`s try!!

 

ですよね。

 

 

 

頑張っていきましょう。

 

 

 

| ninomiya-mari | 2017年〜めんべい(山口油屋福太郎) | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
産地訪問 【小石原焼・上野焼】

きこんにちはき

 

16台の千布ですエクステンション

 

現在私たちは11月に福岡で行われる伝統的工芸品月間国民会議全国大会に向けて、小石原焼上野焼の産地の方と協力してプロジェクトを進めています。

 

今回私たちは、実際に産地訪問を行い、小石原焼や上野焼の歴史について学び、大学生である私たち目線で何を伝えていけばいいかを考えてきましたゆう★

 

ストップ小石原焼の産地訪問では、実際に作られた焼き物を器として使っている食事をいただき、小石原焼の素晴らしさを感じることができました。

 

 

 

また、マルワ窯の太田富隆様より小石原焼伝統産業会館を案内していただき、実際に作っているところを見せていただきました!!

 

 

 

小石原焼はとびかんななどできれいな文様が刻まれており、色も鮮やかで、とてもおしゃれなものであると感じました。

 

また、手に取りやすい価格であり、素朴さを残しつつ、若い人でも使いやすいものである印象を受けました。

 

 

ストップ上野焼の産地訪問では、城野様、西村様、世良様とどのような形で上野焼をアピールしていくかの話し合いを行いました。

 

上野焼の特徴は、釉薬にあり、釉薬によって様々な色が出ます。

 

有名な緑青だけでなく、黄色や赤っぽい色などが釉薬によって決められます。

 

また、ろくろを回し成形する体験もさせていただきました矢印上

 

徳利やおちょこ、豆皿などを作るのは見ているより遥かに難しいものでしたアセアセ

 

 

2つの産地訪問の後、私たちはそれぞれでどのようなことをするのかを決めました。

 

小石原焼・・・日常生活で私たちのような若い世代が実際に小石原焼を使うシーンをメインにプロモーション動画を作成する。

上野焼・・・釉薬づくりの撮影を行い、焼き物ができる過程を動画にするとともに、我々学生と産地の方が協力して、器の制作を行う。

 

産地訪問をして、私たちが受けた感動や衝撃を1番いい形で多くの同世代の人たちに伝えられるように、これからプロジェクトを進めていきます!!!

 

 

 

 

| ninomiya-mari | 2015年〜NTTタウンページ | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【第2回】めんべいパッケージデザイン講座

こんにちは!16台の松本ですニコ

 

前回に引き続き、めんべいのパッケージデザイン案を5人で考えていきました!

 

今回の授業の前までの課題として

・ネーミングをしてくる

・大体のイメージを写真や絵で表現してくる

というものでした。

 

一人一人の頭の中でイメージしたものは当然全く異なったもので、

それぞれの個性が表現されており、とても面白いものでしたonpu03

 

今回はその1つ1つのアイデアをグループ分けして、

どのデザインが惹きつけられるか、大学生からみて面白いと思うのかを

意見を出し合い、絞っていきました。

 

 

写真だけで「福岡大学」をイメージさせるのか、絵で訴えるのか等を

考え、多数決を取りました。

 

決定権が私たちにあることが楽しいと思える源であり、

学生ならではの作品に出来上がるので、これからがすごく楽しみですき

 

 

私は今までデザインについて、勉強しようと思ったことがなかったので、

今回すこしずつ奥深さを感じ、難しさと楽しさを感じています。

 

特に何となく見ていた広告やパッケージは多数の与えたい印象があり、

それは言語化する事でわかります。

 

この言語化するということが非常に大切で、これによって作品が常に変化していくことが、

学生にとっても楽しむことができるのではないかと思いました。

 

面白いお土産がなぜ面白いのかを書き出してみると、

食べ物を写真にするとより食感をイメージさせることもできるし、

色でも表現できるし、あえて美味しい色を外しているなどが、頭の中で整理することができます。

 

これと逆のことをすれば、どういうイメージを与えたいかを作品で表現できるのではないかと考えました。

 

 

次回は一人一人が出したアイデアを元に、実際に製作していきます。

 

次回までにブラッシュアップして、よりインパクトの強いもの、面白いものが固まってくるのが楽しみです矢印上

 

| ninomiya-mari | 2017年〜めんべい(山口油屋福太郎) | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【第1回】めんべいパッケージデザイン講座

みなさんこんにちは!

 

今回初めてブログを担当させていただく16台の荒木です花
3年生を中心に行っている株式会社山口油山福太郎様との
パッケージデザインのデザインチームに、私たち2年生の
3名が加わることになりました。
トライプスデザインの計盛(かずもり) 政利さんにデザ
インについて教えていただきます。
全3回予定されているこのデザイン講座では、めんべいの
パッケージデザインをもとに、デザインの基本的な流れを
学びます。
今回行われた第1回目では、「アイデアの種を探す」がテーマです。
当日まで2つの課題を与えられました。
花福岡大学の中のなんだか気になるものの写真を撮ってくる
花なんだか気になるお土産の写真を持ってくる
2年間通っている大学ですが、
改めて面白いものは何か、考えてみるととても難しかったです。
喫煙所近くのオブジェ、何気ないベンチの写真、
冬になると点灯されるイルミネーションの写真など、様々な写真が持ち寄られました。
お土産については、福岡だけに留まらず
全国の何故か気になるものをピックアップ。
千葉県のチバリバリや香川県のうどんグミなど、
どのお土産も気になるものばかりで、
実際に食べてみたいと思いました(´-`).。oO
次回の第2回までにはそれぞれがネーミングや、パッケージのデザイン案を考えて持ち寄り、
具体的なデザインのイメージを固めていく予定です。
1回目とは違い自ら考えなければならないため、
これまで以上に一人一人の個性が表れると思いますキラキラ
どんなアイデアがでてくるのかとても楽しみですクローバー
| ninomiya-mari | 2017年〜めんべい(山口油屋福太郎) | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
めんべい 第2回発表会

こんにちは

15台の板井ですはな

 

10月27日株式会社山口油山福太郎様とコラボ商品の第2回商品提案報告会を行いましたエクステンション

 

 

報告会には、前回に引き続き山口油山福太郎人事部の生駒様、営業部めんべい担当の藤川さん、福岡大学サービスの庄野さんが審査員として参加いただきました拝む

 

 

今回の発表は前回同様工場見学を踏まえて商品の提案、販売方法など考えて、一人一人オリジナルのめんべいを考えましたエクステンション

 

 

スティック形状のめんべいや、ごま油で健康志向のめんべい、パッケージの提案など10個の商品提案がありましたundefined

 

 

私たちゼミ生の発表の、あとに生駒さん、藤川さんから感想をいただきましたエクステンション

 

 

提案した商品の中には藤川さんたちも前にチャレンジした商品もあり、その時はうまくいかなかったがまた挑戦してみたいと言ったお話もありましたエクステンション

 

 

新しい商品開発をするうえで偏った商品ばかりになるのではなく、私たちが考えた商品は一人一人が個性があり生駒さん藤川さんからも挑戦してみたいし社内会議でも参考になると好評を頂けましたエクステンション

 

 

しかし、残念ながら今回は工場の生産ラインをふまえて今の現状で新しいめんべいの味を開発に携わることは難しく、パッケージのデザインでのコラボという形になりましたグッド

 

 

今回のめんべい新商品開発に携われて、実際の工事見学など現状を踏まえ簡単にできるものではないと実感しました。

 

 

そして味を考えるうえでゼミ生の中でも色々なアドバイスを言いあい、沢山の絆を深めることができましたエクステンション

 

 

これもめんべい商品開発のおかげですエクステンション

 

 

ありがとうございますき

 

 

次からはパッケージのデザインをみんなで考え、お客様の心に残るようなデザインにしたいですkyu

 

 

| ninomiya-mari | 2017年〜めんべい(山口油屋福太郎) | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
NECソリューションイノベータさんによる講義

こんにちはおはな

15台の上水流ですにじ

 

10/26(金)、福岡大学商学部「マーケティング入門」の講義の特別講師として、NECソリューションイノベータ株式会社 塩谷幸治さんにお越しいただきました。

 

 

今回お話していただいた講義内容は、「AIが拓く未来のビジネス」

これからの未来、必要不可欠となっていくAIについてのお話を聞かせていただきました。

 

 

AIとは、「人工的な知能」。人間と同様の知能である、認知、判断、行動をコンピュータ上に再現しようとするものです。

ひと昔前までこんな身近な存在になるとは思っていなかったAIが今では、様々な場所で活躍しています。

携帯を画面にタッチして操作したり、声で家電を動かしたりと今では当たり前にななりつつあるものですが10年前の私には、想像できない世界が今存在しています。

 

 

コンピュータの成長はexponential(倍々の、指数関数的)な成長を遂げ、新しい価値を生み出しました。

その反面、既存の価値が破壊された事実があります。

 

 

例えば、Uberというアプリは一般民間人が運転手になれるというアプリです。いつでも、どこでも、すぐに行きたい所へ行けるというすごく便利なアプリが生まれました。ですが、その反面公共交通機関を使用する人が激減し、アメリカのタクシー会社が倒産しました。

このように、「未来のビジネスは既存のビジネスの価値を破壊することから始まる」のです。

 

 

生まれていく仕事と失われていく仕事、人間の働く場所がどんどん機械にとってかわりつつあります。

ですが、ここで大事になってくるのは"人間であることが価値"このことが重要である、という塩谷様の言葉がすごく印象に残っています。

今、存在しているものだけでなく、表面下でこれから成長を遂げようとしている価値にも目を向けることが大切だなとおもいました。

 

 

新しい価値が生み出され、よりよい世界が作られていく未来が楽しみです。これからの自分たちにとってすごく価値のあるお話でした。きき

 

 

貴重なお時間を割いていただき本当にありがとうございました!!

 

 

 

以下、講義を受けた感想を抜粋してご紹介しますニコ

 

 

・商学部経営学科 女性

 これからのビジネスにとって、確かにAIは欠かせないものになると思いますが、人間の価値を忘れず、伝統技術など、AIにはできない人間だからこそある価値を守るということが、AIと共存し、より豊かなビジネス環境へと繋がるのではないかと思いました。

 

 

・商学部商学科 男性

 技術が進めば、人間が存在する意味を問われる時代が到来するかもしれない。それに伴い、人が動かなければならない職業は破壊されると思うが、それを管理する職業が新たに創造されるのではないかとも考えている。

 

 

・商学部貿易学科 女性

 AIの技術が進むにつれて、労働人口が減り、収入を得ることができない人が増えるのではないかと私は一番不安に思います。そこでどのように人間を参入させるかが大切だと思います。日本のサービス(おもてなし)の素晴らしさを保つためには、AIだけでは不可能であり、人とAIが相互に関わることが経済拡大とサービス保持には大切だと思いました。

 

 

AI技術の進歩について、「人と人との関わりであったり、温かさが失われることも考えられるので、科学技術の発達が必ずしも良いものではないと思いました。」という意見もあれば、

 

「AIが導入されることで、介護士はもちろん、私生活で介護をしている方の負担軽減になり、休める時間が増えていいのではないか。」など、悲観的な意見と前向きな意見に分かれました。

 

 

感想を塩谷さんにお伝えすると、「身の回りの世界の将来について『自分事として考える』ことが、学生のみなさんの将来を拓く大切な力になるのだと思います。」とおっしゃってくださいました。

 

 

近年では、自動運転技術やGoogle Homeやaiboなど、AIが活かされた商品が次々と世に出てきています。

 

AIは私たちの生活を豊かにしてくれる反面、AIによって無くなる職業もあるでしょう。

 

みなさんも一度、AIの進歩を他人事と考えず、自分事として真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ninomiya-mari | - | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
HISさんとのコラボ企画中間報告会

こんにちは!

 

15台の古海です!

 

先日、10月27日に株式会社エイチ・アイ・エスの村本様と田島様をお招きし、中間報告会を行いました。

 

今回の報告会のために、5つのグループに分かれ、それぞれが、どのような学生に、どのような旅行を提案するか考えて来ました!

 

旅行企画する際には、

どのような旅行形態であるか。

そして、企画にあたって、"5W3H"を意識しながら考えるということの重要性を今回学びました。

 

 

そして、今回の報告会では、

アクティブな学生をターゲットにした旅行。

 

 

 

留学したいという願望がある学生をターゲットにした旅行。

 

 

他にも、某有名映画をテーマとした旅行など、それぞれが個性的な旅の提案を行いました!

 

 

エイチ・アイ・エスの方からは、

企画した旅行が現実的に実現可能かというのを、価格や実際の航空便などをベースに考えること。また、各グループ

の企画にフィードバックして頂きました。

 

これから最終報告会に向けて、フィードバックされたことも参考にしつつ、ブラッシュアップして行きたいと思います!✈

 

 

| ninomiya-mari | 2017年〜HISプロジェクト | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
めんべい 第1回報告会!

 

こんにちは!

15台の竹下ですkyu

 

 

9月22日に株式会社山口油屋福太郎様とのコラボ商品の第1回商品提案報告会を行いましたき

 

 

 

 

報告会には、株式会社山口油屋福太郎人事部の生駒様、

株式会社セイシン・コンピタンス・サポートの別府様、

福岡大学サービスの庄野様、

フォーサイトアクト株式会社キャリア教育推進事業部部長の西田様

が審査員として参加してくださいましたゆう★

 

 

今回の報告会に先立ち、

博多駅・福岡空港・天神を中心に福岡のお土産について

メンバー全員で手分けしてくまなく調査しました=3

8月28日にめんべいの工場を見学して学んだことを踏まえて

考えた商品案を1人1つずつ提案いたしましたひらめき

 

お孫さんへのおみやげとしての商品や、

福岡県ならではの食材を使ったものなど、

様々な商品案を提案いたしましたkyu

 

 

 

 

合計10個の案を提案しましたが、

審査員の方々から好評だったのは、やはり、福岡大学生ならではの

商品案でした!

 

 

 

 

より良い案にするために、今回いただいた意見を参考にし、

「ターゲットをより明確にすること」や

「販売場所をどこに設定するのか」などを

メンバー全員で検討していく予定です!!

 

 

今考えているいくつかの商品案は

1人1人がそれぞれで考えた案なので、

第2回の報告会までに今出ている商品案についての

意見交換をメンバー同士でおこない、より案を深めていきたいです手

 

 

福岡大学の二宮ゼミとのコラボでなければ作れない商品、

1人でも多くの方に「衝撃」を与えられるようなユニークな商品を目指します!ゆう★

 

 

今回報告会に参加いただいた生駒様、別府様、庄野様、西田様お忙しい中お越しいただきありがとうございました!

 

 

第2回報告会も宜しくお願い致します!

 

 

| ninomiya-mari | 2017年〜めんべい(山口油屋福太郎) | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
HISさんとのコラボ企画始動

みなさんこんにちは

15台の倉岡です!

 

 

二宮ゼミは新しく2年ゼミ生を迎え

更なる活気に溢れていますき

 

 

 

夏休みが明け、後期から本格始動している2年生は

私たち3年生と合同で株式会社H.I.S.さんと

コラボ企画をスタートしました。ちゅん

 

 

2週連続で企画を始める前段階としての勉強会が行われ

H.I.S. 九州営業本部 団体営業グループ グループリーダーの飯田様と

九州営業本部 九州団体営業所 セールスマネージャーの田島様に

お越しいただきました。

 

 

1週目は、2年ゼミ生が写真を持参し

各自旅行経験を元に、今の学生の旅行先や重視する点など

旅行に対する考え方を話しました。

 

 

3年生は、旅行業界について統計分析しましたSMILY

 

 

2週目は、さらに詳細な旅行代理店の財務諸表分析を

3年生がおこないました手

H.I.S.さんからはリアルな旅行業界の現状と課題とを説明いただきました。

今後は、H.I.S.さんと相談させていただきながら、

旅行企画を練っていき、学生らしい斬新な提案が

できればと考えています!!

 

 

お越しいただいた飯田様、田島様

貴重なお時間をありがとうございました。

 

 

ご期待に沿えるよう

学生一同頑張りますので

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。ニコ

 

 

| ninomiya-mari | 2017年〜HISプロジェクト | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |